Canada-info.jp SKI&SNOWBOARD カナダ スキー&スノーボード情報サイト 特別ツアーのご案内

日本人ヘリスキーガイド「柳沢純」と滑る ウィスラーヘリスキー

<2022-2023年度、冬のカナダツアー催行について>

2022年9月1日現在、カナダは、ワクチン接種済みを条件に、出入国に対する特別な事前手続きは設けておりません。また、日本へ帰国の際に義務付けられていたPCR検査は2022年9月7日より撤廃される予定です。新型コロナ関連の日本とカナダ出入国についての詳細は、こちらにまとめてありますのでご参照下さい。(http://www.japanada.com/tag/covid19

■日程

2023年3月31日(金)-4月7日(金)/ユーコンヘリスキー・日本発着8日間(ヘリスキー5日間)
最少催行人員:4名様 / 定員:8名様 /集合解散:ホワイトホース ※定員に達し次第、募集を締め切らせて頂きます。

アラスカとユーコン準州、ブリティッシュコロンビア州が接する場所で運営されているヘリスキー。カナダ国内では最北端に位置するヘリスキー会社です。北極海で発生する寒気が流れ込み大荒れの天気が続く真冬はお休み。そして、徐々に天候が安定しだす3月から5月初旬までの約2か月、短いシーズンを迎えます。従って、多くの会社が春のショルダーシーズンとなる3月下旬から4月中旬がここのトップシーズン。原野の中にヘリスキーシーズンだけ出現する「タイニータウン」と呼ばれるベースでは、最北で暮らす先住民の料理や文化もお楽しみいただけます。またご希望があれば、アラスカ/スキャグウェイの街にあるロッジを貸し切りでご利用いただくこともできます(追加料金についてはお問い合わせ下さい)。ベースのある北緯はオーロラ観測でも人気のスポット。ヘリスキーとオーロラ観測、2つの人気アクティビティを一度に体験できる可能性を秘めた特別ツアーです。

■スケジュール

Day 1 日本発。同日バンクーバー到着。国内線でホワイトホースへ移動。(ホワイトホース泊)
Day 2 専用車でベースへ移動。オリエンテーション後、ヘリスキー。(タイニータウン泊)
Day 3 ヘリスキー。(タイニータウン泊)
Day 3 ヘリスキー。(タイニータウン泊)
Day 3 ヘリスキー。(タイニータウン泊)
Day 6 ヘリスキー。夕方専用車でホワイトホースへ移動。(ホワイトホース泊)
Day 7 朝の国内線でバンクーバーへ。国際線に乗り継ぎ帰国の途へ。
Day 8 日本着。お疲れさまでした。
※原則としてホワイトホース集合解散のツアーです。カナダ国内線を含め航空券はご自身で手配されて下さい。
※航空券を含めた手配をご要望の方は、日本の旅行会社をご紹介いたします。

■参加費
おひとり様:$11,775 + GST= $12,363.75 カナダドル

■費用に含まれるもの

5日間のヘリスキー、ヘリスキー中の宿泊&食事。
エアバッグ、雪崩救助トランシーバー、シャベル、プローブレンタル。
ホワイトホース~タイニータウン間の送迎。
※料金には20,000フィートの最低滑走標高差が含まれます。
※日本からの航空券、ホワイトホースの前後泊は含まれません。
※ホワイトホースの前後泊は、2泊(1部屋1-2名様)$410 + GSTで手配可能です。

ユーコンヘリスキー


■ツアーレポートはこちら

お申し込み・お問い合わせはコチラ

■ガイドプロフィール

柳沢 純

1988年カナダ・ウィスラーに移住。ウィスラー在住30年。1994年よりウィスラーベースのタイヤックスヘリスキー社に所属。その後、ニュージーランドのハリスマウンテンヘリスキー社、クロンダイクヘリスキー社などでのガイド経験を経て、1999年より2015年までラストフロンティアヘリスキー社に所属し、リードガイドを務める。2016年より活動の場をウィスラーに戻し、現在はウィスラーヘリスキー社を中心に、バックカントリーツアーガイドや雪崩講習会講師などとして活動。現地法人Japanada Enterprises Inc.代表。

ACMG(カナダ山岳ガイド協会)認定ガイド、CAA(カナダ雪崩協会) プロフェッショナルメンバー、CSIA(カナダスキー教師協会)Level 3インストラクター、 CSCF(カナダスキーレースコーチ連盟)Level 2コーチ、ウィスラー遭難救助隊隊員

Canada-info.jp SKI&SNOWBOARD カナダ スキー&スノーボード情報サイト